Life with Kitchen


キッチンとは、『人が生き活きる場所』だと私たちは考えています。

昭和33年(⻄暦1958年)、タイルやコンクリート製だった流し台がステンレスに変わり始めた時期に、YAJIMAも流しの⽊部にステンレスを貼った流し台を作り始めました。腕のいい建具屋と板⾦屋の職⼈が⼀緒になって作り上げて半世紀以上、⽔廻り設備の製造に努めてまいりました。

この⻑い⽉⽇の中、『創意⼯夫を常に考え⾏動し、より良い商品とサービスを社会に提供する』という企業理念の下、同一製品を大量に流す一般的な工場とは異なり、お客様一人一人の要望に応えられるよう、確定受注生産でものづくりをしています。職⼈がひとつひとつを丹精込めてつくる熟練の技に、ライン⽣産のメリットを組み合わせることでコストを抑えながらも、お使いになる⽅それぞれの思いを基にした、理想のキッチンを提供してまいりました。

創業から⼆度の改元を経た現在、未曽有の社会的変化の中で⼈々の意識も⼤きな変化を余儀なくされています。
⼤きな変化の中だからこそ、⼤切にしたい⼈と想いを中⼼に、インテリアや道具・家電など⼩さなこだわりを⼀つずつ形にしていく過程で、改めて家(home)を中⼼とした新しいライフスタイルが求められています。
⾃ら選んだ⾊彩や⼤きさ・かたち、様々な要素を組み合わせることにより、誰もが“つくりて”として⽣活をデザインする事が可能となる『場』としてのキッチンは、視覚的な空間構成だけでなく、例えば包丁が刻むリズムや鍋がグツグツ煮上がる⾳、得意料理の匂いや出来⽴ての⾷事が並ぶ⾷卓の温もり、出来栄えに⼀喜⼀憂する感動と落胆もまた、それぞれの蓄積される経験と思い出になっていきます。

⾷事とは、⽣きていく上で⽋かせない⾏動であり、その⾷事を作り出すキッチンとは命を吹きこむ場所とも⾔えます。ライフスタイルの変化で求められているのは、今まで気づかなかった本当の意味での『⽣活』という、生きていくための活動の本質であり、キッチンとは『⼈が⽣き活きる場所』だと私たちは考えています。

YAJIMAは、単なる道具としてのキッチンを製造するのではなく、キッチンのある⽣活を創造します。毎⽇使う場所だからこそ、どこか懐かしく、まだ⾒た事のない豊かさの中⼼になる事を⽬指して。
誰かにとって、たった⼀つの特別な存在『Find the ONE with us』それがヤジマの⽬指す、ものづくり。私たちは、お客様⼀⼈ひとりの想いに寄り添って、他にはないただひとつの答えを探します。